頭皮のかゆみを抑えるシャンプーはコレ!

頭皮のかゆみ対策はシャンプー選びが大切

頭皮のかゆみを抑えるには「シャンプー選び」が欠かせません。今お使いのシャンプーに「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」「スルホン酸」などの成分が入ってないでしょうか?

これらの成分は非常に洗浄力が強いので必要以上に皮脂を取り除いてしまいます。敏感肌の人にとっては刺激が強すぎ、フケやかゆみの原因になります。乾燥しやすい頭皮だと皮脂を取り過ぎると痒みがすぐに出ます。これは洗浄力が強い為です。

洗浄力が強すぎるシャンプーによって皮脂を取り過ぎた結果、皮脂を補うために過剰に分泌してしまいます。そのため、皮脂に細菌が繁殖し、フケや炎症を引き起こします。

頭皮が敏感で、シャンプーしても頭皮が痒くなる方には「アミノ酸シャンプー」がおすすめです。アミノ酸シャンプーは低刺激で保湿力があり、頭皮を優しく洗います。市販のシャンプーを使うと頭皮にかゆみが出る方におすすめです。

頭皮のかゆみを抑えるシャンプーはどれだ?

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸シャンプーは洗浄成分が低刺激。頭皮を優しく洗い上げます。保湿力もあるので頭皮の乾燥も予防してくれます。刺激の強い洗浄成分「スルホン酸」には注意しましょう。

アルコール系シャンプー

大量生産で作られているシャンプーです。石油由来の界面活性剤を使った洗浄成分を使用。硫酸Naは汚れを落とす力が強すぎるので、皮脂の過剰分泌の原因になります。

石けんシャンプー

石けん成分自体は頭皮や髪に非常に優しい成分です。ただ洗浄力は強いので皮脂を必要以上に除去してしまいます。フケや痒み、薄毛に悩む方にはおすすめできません。

プレミアムブラックシャンプーを使ってみた

クレイを炭化

クレイ(泥)を炭化したシャンプー。クレイは粒子が非常に細かい為、毛穴の汚れをしっかり落としてくれます。さらに遠赤効果があり、頭皮の血行を促進する働きもあります。

アミノ酸で低刺激

アミノ酸系の弱酸性だから頭皮に非常に優しいのが特徴です。ノンシリコン、ノンパラベン、無着色、無合成香料だから頭皮に優しいシャンプーに仕上がっています。

天然エキスで頭皮を保湿

血行を促進する「オリーブオイル」、頭皮を保湿する「褐藻エキス」、血行を促進する「センブリエキス」など厳選された天然成分をたっぷり使い、髪の毛の成長を促します。

頭皮のかゆみにはプレミアムブラックシャンプー

アミノ酸をはじめとする低刺激成分だけを使った頭皮に優しいシャンプー。さらにクレイ(泥)でしっかり汚れを落として、血行を促進し、毛髪の成長を促進します。

パラベンフリー、無着色、無鉱物油、ノンシリコンだから頭皮が敏感な方でも安心して使用できます。


価格 5,040円
3本買うともう1本プレゼント
内容量 400ml(約3ヶ月分)
有効成分 センブリエキス、オリーブオイル、ニンジンエキス、褐藻エキス他
効果

頭皮のかゆみにアミノ酸シャンプーを勧める理由

シャンプーをしているのにフケやカユミが出る場合、ほとんどはシャンプーがあっていない為です。市販のシャンプーの多くは石油系合成界面活性剤を使用しています。洗浄力が非常に強力なため、脱脂力も強く、皮脂を必要以上に取り除いてしまいます。

刺激の強いシャンプーでゴシゴシと頭皮を洗っていると、皮脂の過剰分泌を招きます。その結果、フケやカユミ、炎症を引き起こします。皮脂にはフケや炎症のもとになる細菌が繁殖します。その為、皮脂を適度に落として優しく頭皮を洗うアミノ酸シャンプーを使用します。

アミノ酸シャンプーは市販のシャンプーに比べると値段は高めです。ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、スルホン酸などを使用しているシャンプーに比べると2倍以上の値段です。ただ、頭皮の健康、抜け毛予防を考えると使わざるを得ません。フケやカユミが常に気になり、炎症によって髪の毛が細くなるのは避けたいところです。

女性育毛シャンプーとしておすすめのアミノ酸シャンプーはノンシリコンながら、髪の毛がきしみません。指通りもよく、しっとりとしてまとまります。ただ使い始めは洗浄力が弱いため、十分洗えてないような気がするかもしれませんが、アミノ酸シャンプーは細かい泡で汚れを吸着させて落とすので心配ありません。

シャンプーをしている時に注意する点としては、爪で頭皮を傷つけないことです。頭皮が傷つくとカユミの元になります。また洗浄を長く続けると頭皮に負担をかけ、炎症やカユミの原因になります。洗髪は30秒以内で指の腹で洗うようにします。

アミノ酸シャンプーの種類、違いについて

アミノ酸シャンプーと一口に言っても、たくさんの種類が市場には出回っているので、どれを選ぶべきなのか悩んでしまいますよね?



メーカーも違えば値段も高いモノからリーズナブルなモノまで、とても幅広く売られています。同じアミノ酸なのになぜこんなにも幅が広がってしまうのでしょうか? それは、主に使用されているアミノ酸系界面活性剤の種類や配合量が関わっています。 もちろん、それ以外の髪の毛に対して効果を発揮する美容成分にも違いはありますが、こちらでは界面活性剤で比較していきます。

アミノ酸系の界面活性剤にも種類があり、主にシャンプーに使用されているものではグルタミン酸系、アラニン系、グリシン系などの界面活性剤が挙げられます。 もちろん、こちらは一例であり他の種類もございます。ただし、これらが配合されているというだけでアミノ酸シャンプーであると判断をしてしまうのは危険です。

アミノ酸系界面活性剤は高価であるため、数ある商品の中にはアミノ酸系界面活性剤配合と謳うものの、配合量が少なく、補うために高級アルコール系界面活性剤の"ラウリル硫酸ナトリウム"や"ラウレス硫酸ナトリウム"を混入しているものもあります。

ですので、商品に記載されている成分表示を確認することが重要と言えます。 成分表示の欄、"水"以下5つを見た際に高級アルコール系界面活性剤の名があるものは、アミノ酸シャンプーとしての効果は期待しにくいと言えます。 商品の説明の『アミノ酸界面活性剤配合』という表記だけを信じないようにしましょう。

ラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系界面活性剤は使用していないタイプは増えましたが、1部には洗浄力の強いスルホン酸ナトリウムを使ったシャンプーは多くなります。その他、石鹸系のカルボン酸ナトリウムを使用したシャンプーも洗浄力は強めです。フケやカユミが出やすい場合、これらの成分が配合されているタイプは避ける事をおすすめします。